土地を売るには様々な税金がかかります。

土地を売却しようとお考えの方税金について知っていますか?しっかりと学んだ後に売却を考えましょう。 - 土地を売るには様々な税金がかかります。

更新情報

アーカイブ

カテゴリー

土地売却

土地を売るには様々な税金がかかります。

a0022_000280
土地売却を検討中の方もいるのではないでしょうか。不動産業者へ査定してもらえば、現在の土地の価値が判断できますが、結果を見てから売却を検討する方も少なくはありません。査定結果次第では、手放すことを決めても良いでしょう。

税金のことを忘れてはいけない

しかし、土地を売却すると一定の利益が生じます。土地の価値によっては数千万円もの利益となりますが、税金の存在を忘れてはいないでしょうか。土地の売買では、さまざまな税金がかかるのです。

売却益が丸ごと得られるわけではなく、一定の税金を差し引いて考える必要があります。では、どのような税金がかかるのでしょうか。

所得税と住民税が発生する

土地の売却で発生する税金は所得税と住民税です。これらは会社員などの年末調整とは違い、所得の分類が異なるため、自分で確定申告をする必要があります。

また、一般的な給与や事業所得は総合課税と呼ばれる方式で計算されますが、不動産の売却益に関しては申告分離課税となり、ほかの所得とは税率が異なります。所得税と住民税の税額が別々のため、確定申告をしなければいけないのです。

長期譲渡所得と短期譲渡所得

ただし、土地を売った際、取得から何年経過しているかによって税率が変わります。この仕組みを長期譲渡所得・短期譲渡所得と呼び、土地の保有期間に応じて所得税・住民税の税率が異なるのです。

大まかに長期と短期へ分けられていますが、この分岐点となるのが5年です。土地を保有してから5年未満で売却した場合は短期譲渡所得の税率が適用され、それ以上の期間保有していた土地であれば長期譲渡所得の税率となります。

売却年の1月1日を起点とする

しかし、長期譲渡所得は単に5年間保有すれば良いわけではありません。売却する年の1月1日の時点で、5年間経過しているかどうかが重要なのです。長期譲渡所得だろうと思っていても、場合によっては短期になる可能性がありますので、特に注意するべき点と言えます。

税率が2倍になることも

短期譲渡所得と長期譲渡所得では、所得税の・住民税の税率が大きく変わります。5年以上経過した土地を売った場合は長期譲渡所得になりますが、所得税は約15%、住民税は5%で済みます。利益に対し、およそ20%の税金を払うだけで良いのです。

一方、短期譲渡所得に該当すると、所得税が約30%、住民税が9%と、いずれも2倍近くになります。例えば3,000万円で土地を売った場合、5年以上経っているなら税額は600万円です。しかし、3年で売ってしまった場合、1200万円も税金を取られることになります。

軽減税率を活用する

土地売却の税負担は非常に大きく、特に短期譲渡所得は税負担が重荷になると考えられます。しかし、売却する時期の税制次第では、さまざまな軽減税率を利用できるのです。土地を売ると税金も高額になることから、種類に応じた軽減制度が用意されています。

ただし、特例で認められていることもあるため、売却前に確認が必要です。不動産業者や税理士に聞いてみるのも良いでしょう。
a0001_006656

売却のタイミングに注意

税率の分かれ目は5年が目安となるため、売却のタイミングをずらす方法もあります。取得からまだ年月が経っていないなら、5年間待つのも一つの手です。

いずれにせよ、タイミングには注意しましょう。査定の結果だけにとらわれず、各種税金のこともしっかり考慮した上で手放すことが重要です。
土地の査定は平均的な売却価格をもとに計算しています
●http://www.bellecora.com/